【嵐の前の静けさ】 暴騰銘柄で誰でも簡単に想像外の利益を得る反社会的投資手法

本編42p、売りと買いのポイント(練習問題)67pの2部構成。

良いタイトルを考えたものだなぁと思う反面、
名前だけでは何の商材か分からないため、
損をしている面もあるのではないかと、
心配になってしまいました。

本編は、著者のオリジナルの手法の解説で、
【第1段階】 銘柄の絞り込み
【第2段階】 リスクのある銘柄を排除
【第3段階】 買いのタイミングを監視
【第4段階】 売りのタイミング
の4ステップから構成されていますが、
4段階目は一般的な内容なので、
オリジナルの部分は1〜3ということになります。

それぞれのステップ毎に、
実例を引用しながら説明が行われており、
かなり初心者でも理解ができる商材に
仕上がっていると思います。

しかし、一番重要な、最初のステップである
「銘柄の絞り込み」では、

残念ながら、この手法が用いている指標が
収束した銘柄を簡単に知る方法はなく、
今のところは自分で個別チャートを1つずつ見ていくのが
最も手っ取り早い方法

との表記があり、全くの初心者には、
ちょっと辛い部分があるかもしれません。

この部分をプログラミングし、
株ロボットに組み込めたら、
かなり高額で販売できるのではないかと
思いました。

また、著者が試験的に配信していた?
メルマガの予測をみてみましたが
(セールスレターとは別の)
セールスレターに書いてあるとおり、
かなり良く当たっているようです。

さらに、別冊では、
練習問題とその詳しい解説が15問ほど入っており、
本編よりボリュームがあります。

本編のみで、いきなりこの手法を使えと言われると
なかなか銘柄選びもできないと思いますが、
この練習問題を全部読み終わってからなら、
かなりこの手法に慣れることができますので、
非常に親切です。

ただし、内容は非常に良いにもかかわらず、
商材の途中に意味のない札束画像が入っているところは
いただけません(汗)

とりあえず返金保障もあるので安心だと思います。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。